見出し画像

『スーパーアプリ』が日本では来ないと思っている理由

友達とメッセでした会話をまとめてみました。色んな意見を聞きたいので、コメントやメッセ・DM 等ぜひお気軽に投げてください。

スーパーアプリって何?

Yahoo!Japan と LINE の経営統合で、日本でも『スーパーアプリ』(SuperApp) が爆誕するんじゃないか!?って機運が高まっています...ね?高まっていますか??笑

スーパーアプリとは、すんごい簡単に言うと、1 つのアプリの中にすんごい色んな機能が詰め込まれているやーつです。たくさんアプリをダウンロードしなくても、1 つのアプリだけでだいたい完結しちゃう、みたいな。

東南アジアの Grab (元々タクシー配車、からのフードデリバリー、ホテル予約、映像配信、とかが詰め込まれてる)、中国の WeChat、とかが有名どころですね。

個人的な見立てとしては、スーパーアプリは実はあんまり日本では『こない』んじゃないかと思ってます。

まずファクトとして、スーパーアプリって、東南アジアと中国でしか流行ってなくて、先進国ではこれといったものが無いんですよね。

成長国・発展途上国でなぜスーパーアプリが出来上がったか

その理由として、発展途上国はいわゆるブラウザのインターネットの時代をすっとばしていきなりスマホ・アプリの時代にきたというのと、通信環境 (ブラウザだと安定しない) みたいな要因もあって

・サービスはブラウザじゃなくてアプリで使う、というユーザー側のパーセプション
・ブラウザで "既存の良いサービス" が存在していない、という環境

が成立しているんです。

かつ、Grab とか WeChat みたいな、実需に基づいてユーザーシェアの 90% をとってるみたいなモンスターアプリが生まれて、ユーザー的にも、そのアプリに新しいサービスがついてればそれで十分じゃん、みたいな環境になっていますと。

そうすると、競争環境としても、スーパーアプリのユーザーベースをひっくり返すようなサービスをゼロから立ち上げるのは難しいよね、っていうになるわけです。

良いサービスが出来たら、スーパーアプリ側はパクって組み込んでしまえば良いわけですからね。

で、必然的に既存スーパーアプリにどんどんサービスが追加されていって、それがユーザー的にも一番便利だ、みたいな状況になっていったんだろうなぁと見ています。

先進国ではどうなんよ?

かたや日本はじめ先進国は、すでに複数サービスが乱立していて、たとえば楽天とか LINE みたいな単独エコシステムの中にすでにユーザーが納まっているという状況ではありません。

例えば、決済を PayPay が独占している、とかでもない現状ですし。

かつ、開発力や資本力やその他諸々の要因で、彼らも『後から出てきたサービスを、素晴らしいクオリティでパクって、資本力で蹂躙する』みたいな圧倒的プレイを出来てないですよね。

なので、今後もスーパーアプリは出てこないんじゃないかなーと。出てくるイメージがわかないです。

"外資" の存在がさらに邪魔をする

『外資が本気で参入してこない』っていうのも東南アジア・中国のポイントだと思っています。

東南アジアはまだ購買力が低い、中国は規制がある、あとそもそもローカルすぎて参入障壁高い、とかまぁ深くは語りませんが、(一部例外を除いて) これらの国では外資大手があんまり覇権を握ってないんですよね。

日本だと、それこそユーザーの生活のどこかは必ずGAFAが押さえちゃってるじゃないですか。検索は Google、通販は Amazon、動画コンテンツは Netflix や Amazon Prime、現にこの会話も LINE じゃなく Facebook でしたしw

なので、日本初のローカルサービスで『(ほぼ) 全てこのアプリの中で完結するよ!』って本来の意味でのスーパーアプリは、今後も出てこないんじゃないかっていうのがぼくの見立てです。

そんなかんじです。冒頭にも書きましたが、違った意見とか、こういう理由もあるよねーみたいな雑談したいので、気軽にコメントとかください!

Q

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この記事が学びになったよという方は、少しでもサポートいただけると、今後も役に立つ記事を書くモチベーションになります。記事への「スキ」やSNSシェアも大歓迎です!応援してください!

イェーイ!ありがとう!
16
モバイルアプリマーケティングの専門家です。外資系広告プラットフォーム企業勤務。ちょっぴりエンジェル投資なんかもしてます。アプリ開発もやってます。

こちらでもピックアップされています

Qの雑念記4
Qの雑念記4
  • 48本

本業:外資系スタートアップの日本進出、趣味:育児とエンジェル投資。日々思考していることや、面白いサービスや人の紹介、などを不定期に書きます。

コメント (1)
新興国が外資の参入の遅れにより、スーパーアプリの誕生を促すのは納得できます。
私は、さまざまなサービスが独立している方が、それぞれのサービスの質が高まると思いますが、新興国においてスーパーアプリのインターネット外部性の高さという価値がアプリの質を上回っているためだと思います。
それに対して、日本のサービスは二番煎じは劣るという観点があり、良いサービスは大きなプラットフォームに乗っからなくてもその価値が理解されるという点により、スーパーアプリが生み出されないところでしょう。
しかし、M&Aなど、実現の可能性はあると思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。